月別アーカイブ: 2014年4月

引越し料金が高くなりがちな時期や日にちについて

引越しが決まったら、まず作業を依頼する業者と日取りを決める必要があります。
誰しも、引越し料金を安く抑えたいと考えるものです。しかし、時期や日にちによっては値引きが利かない場合があります。
たとえば、春先は転勤や就職、進学などに伴って引越しが増える季節です。
また、縁起かつぎとして暦の大安吉日に引越しをする人も多いのです。こうした日にちは人気が高いのが実情です。
さらに、午前中の引越しは作業時間が読みやすいので、やはり人気のある時間帯です。
これらのケースは需要が多いだけに、引越し業者へ値引きを依頼するのは難しくなります。
それから、深夜や早朝に引越しをする場合には割り増し料金が加算されます。特別な時間帯に作業するということで、その額は全体の三割増し程度となります。
引越し料金を安くしたい場合には、これらの時期や日にち、時間帯を避けるのが得策でしょう。

▼引越し 格安ニュース▼
http://xn--68j631k3hcz1mm40c.jpn.com/

ワンルームの収納スペースについて

実家から一人暮らしを始めるときに、はじめてワンルームの部屋に住むという人もいると思います。
その場合、どうしても収納的にワンルームは手狭なのではないかと不安になると思います。
1ルームでも、広さはいろいろなので、一概には言えません。
6畳~8畳では、正直、かなり狭くなりますがベットを使わないなら、スペースは確保できます。
あまりにも荷物が多いのであれば、ロフト武器の物件がお勧めです。
なにより、ぱっと見手狭に見えるような物件でも収納スペースはしっかり確保されている部屋が多いので
下見の際に必ずチェックするといいと思います。

引越しには思わぬ費用が掛かることも

引っ越し費用は結構掛かるものですが、はっきりわかる費用以上に細かいところで費用が掛かっていきます。
まず現在の住居の近隣、新居の近隣の方に対するご挨拶です。粗品などを持っていく場合はそれなりのお金がかかります。賃貸であれば大家さんへのお礼も必要になるでしょう。タオルなど小さな粗品だとしても現住居と新居の2倍になりますので軒数が多くなります。前もってそれも見積もっておくとよいでしょう。
また、引越し業者への心づけや差し入れなども意外と見落としがちです。最近の大手業者では受け取らないこともありますが、関係の深い業者に依頼したなどという事情があれば心づけなどは欠かせません。
気持ちよく引越しを進めていくためにもこのような部分への気配りも忘れないようにしましょう。